タカラ塗料で車を全塗装してみた

平成14年式のミラに乗っていますが、中古で程度の良い状態を優先して購入したため、ボディの色は妥協していました。

年式より下取り価格も0円だし、乗り潰すつもりでオールペンする事を決心しました。

しかし、板金屋に塗装を依頼すると数十万円かかります。下取り価格0円の車に数十万円かけることに日々悩みました。(愛着もあるので本気で悩みました。)そんな時にタカラ塗料のサイトを見つけ、刷毛とローラーを使用して自分で塗装が出来ることを知りました。「これだ!」と思いYouTubeで自家塗装の動画をいくつも見てノウハウを勉強していざ実践に臨みました。

タカラ塗料さんからは便利な塗装セットが販売されており、刷毛、マスキングテープなどの塗装に必要な材料が一式そろうので、素人にはおススメです。塗料は水性塗料を選択し、色は自衛隊国防色のオリーブドラブにしました。

まずは洗車、マスキング、足付けです。足付けとは塗料がつきやすくするためボディにキズを付ける作業です。塗装セットに入っている600番のサンドペーパーでゴシゴシ傷をつけていきます。もう後戻りはできません。ついでに凹みの補修とリヤゲートのエンブレムを外し穴を埋めました。

マスキングに関してはパーツを外せば、その分マスキング箇所は減るので外せるパーツは全て外しました。

ウォッシャーノズル、サイドマーカー、サイドミラー、ヘッドライト、リアテールランプ、フロントバンパー、リアバンパーを外しました。おかげでマスキング箇所は窓のみで済みました。

いよいよ塗装に入ります。YouTubeで勉強したように塗料を薄め1回目はとにかく薄く全体を塗っていきます。

左下が1回目、右下が2回目です。色がなかなかのりません。不安がよぎりますが、焦らず塗りすすめました。

左下3回目にしてやっとそれらしい色になってきました。右下4回目でしっかり色が入りました。いい色です!

近くでみれば多少のムラはありますが、キレイに塗装できたと思います。素人でも全然大丈夫です。コツは塗料が垂れないように薄く薄く塗り重ねることですね。焦って塗料をたくさん付けて塗ると垂れて跡が残ります。

全塗装してみたいけど業者にお願いするのは高いと思っている方は刷毛塗り全塗装挑戦してはいかがでしょうか。

     ↑  塗装前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA