20kmのペース走を実施

下関海響マラソンに向けて立てたトレーニング計画、週末のロング走として20kmのペース走を実施しました。

計画は2か月で40km走れるようにすることが目的なので、まずは20kmから始めました。スピードは1km/5分ペースで実施しました。2年のブランクがあるので心配でしたが、何とか最後までペースを落とすことなく走りきることが出来ました。週末15km程度はゆっくり走っていたのと先週のLSDでスタミナがついたのかもしれません。

1km/5分ペースで呼吸も苦しくなく走れたのでLTペースはもう少し早く走れそうな気がします。LTとは(Lactate Threshold)の略語です。日本語は「乳酸性作業閾値」といいます。ある一定の運動強度を超えると血中の乳酸値が急激に上昇する値があり、その値のことを「乳酸性作業閾値」といいます。この乳酸性作業閾値(LT値)付近で行うトレーニングをLTペース走といいます。このLTペースで走ることで、少しずつ長い距離が速く走れるようになり走力が向上していきます。

土曜日はロング走、日曜日は2時間~3時間のLSDを実施しながら2か月後の40km走に向けてスピードと距離を少しずつ伸ばして行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA