クレートの活用 

本日はクレートのお話をします。クレートとは移動時に犬を安全に運ぶためのケースになります。犬の小屋としても利用されることがあります。

我が家のビーグル犬ララは県外のブリーダーさんから譲り受けたため、連れて帰る時からクレートを使用しており、入る事には抵抗はありませんでした。子犬の頃から入れていれば抵抗はないのですが、成犬になってからクレートを使用しようとすると、監禁されると思うようで嫌がる事があるようです。慣れさせるのは大変ですが、クレートに入ると良い事が起こると思うようにしていけば、入ってくれるようになります。

ララはクレートを倉庫から出すと、何処かに連れて行ってくれると分かっているみたいでメチャメチャ喜びます。自ら率先して入ってくれるので移動時はとても助かります。ただ、予防接種に連れて行く時は、クレートには喜んで入るのですが、病院と分かると引きずり出さないとクレートから出てくれません。病院は嫌な事が起こるとちゃんと理解しているのですね。

最近、車で犬を抱っこして運転していたり、窓から顔を出している犬を見かけます。しつけはキチンと出来ているのでしょうが、事故に遭遇した場合は、大変危険なので、愛犬の安全面から移動時にはクレートを使用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA